ゆずはら置き場/パノラマ観光公社

作家・ゆずはらとしゆきのお仕事報告ブログです。

『祀のアト』徒然(其の一)

しばらく、『祀のアト』つれづれ、という感じで、こちらのブログにも時折、しょうもない与太話を書いていこうかと。

いや、そうでもしないと、こちらで書くことがあまりない、というのがありまして。

 

何もかもが馬鹿馬鹿しくて徒労だったな、という気持ちが突き抜けた結果として、やりたいようにやってゆくかという投げやりなやる気が出てくる。

対外的に照らし合わせて徒労ではあっても、自分自身は正しいことをして素晴らしいものを作ったと確信しているから、何ら恥じること無く馬鹿馬鹿しさが突き抜けていくのだと思う。

もっとも、圧倒的に正しいと分かってしまったら、もう人の世では生きていくことはできない。それは涅槃の境地だから。 

kakuyomu.jp

で、何もかもが馬鹿馬鹿しくなったので、ちまちま書いているわけですが。

書いていると2007年以前の文学フリマで同人誌に参加していた頃を思い出すというか、商業的な顔色伺いを意識しないで書くと、まだこのくらいのものは書けるんだな、と感慨深いものが。

正直、「しょうもないことを言われるくらいなら、誰も読まないほうがまだマシか」という心境なので、見事なまでに誰も読まない小説ですが。

ただ、いちおう公の場に書くので、チラシの裏に書くよりは文章を整えようとする気は起きるし、通しでのコンセプトも考えてみようか、という気にもなる。

考えたところで何の役にも立ちはしないのですが、退屈しのぎで書くにはちょうどいい。

それ以上求めると、やっぱり場に最適化されたものをわざわざ書かなければならなくなるので、場違いに好き勝手に書いて飽きたら止めよう、くらいの感じでしばらく続きます。たぶん。

裏を返すと、このくらいのものは書けるのだと再確認すると同時に、場に最適化されたものをわざわざ書くことが苦痛というか、商業的な周波数とことごとくチューニングが合わない、という問題に突き当たるわけです。

この世でコミュニケーションを取るために必要な「フェティッシュな趣味性」が偏り過ぎていて、誰とも共有できないというか、自分が「正しい」「面白い」と思うものが圧倒的少数派で、マイナーですらない、ということが、『祀のアト』を書いているとよく分かるわけです。

まァ、『空想東京百景』でもギリギリ、マイナーに引っかかるかどうか、というレベルなんですけどね。

machikiji.jp

あと、諸事情でストップしているとはいえ、『町奇人』のように、才能ある他人の新しい企画には乗れるのですが、自分自身の新しい企画に乗れなくなっているので、飽きたら『空想東京百景』の続きに戻るか、それとも、根本的に自分が「正しい」「面白い」と思うものを信用せず、職人的に書いていくか、のどちらかになるんじゃないかな、と思っております。

『祀のアト』は、極端から極端へ転じるためのリハビリテーション、というか。

いや、そんなたいしたものでもないですが、今のゆずはらさんが場に出せる手札は他にないので、しばらく我慢してください。本当、すいませんね。

最近の生存報告とカクヨムはじめました(2017年秋)

えーと、なんとか生きております。
このブログを読んでいる知人の半分くらいは「死んでいれば良かったのに」と思っているでしょうが、のうのうと生きております。

kakuyomu.jp

そして、短篇くらいは書かないと脳が錆びつくので、カクヨムはじめました。
読者としてのアカウントはだいぶ前に取っていたんですけど、使い方に慣れるまで時間がかかってしまいまして。 *1

とりあえずは、『祀のアト』という、短篇連作(?)小説を、月に数回くらいのペースでアップしようかと思っております。

 キャラクター化された少女への執着と、その少女のキャラクター性が反転して、執着から切り離されていく過程。
 誰とも共有できなかったフェティッシュなプロット。
 それらを読者の都合へ最適化していくことを放棄する代わりに、無軌道な連続体/物語とする。

 基本ルールはひとつ。
 少女の名は九葉祀(クヨウ・マツリ)、男の名は甘木(アマギ)。
 あとは狂言回しの「私」がいるくらいで。
 その役割もせいぜい、ブルース・ウィリス主演のブラック・コメディ映画で、アルバート・フィニーが演じた売れない作家のようなもので、箸にも棒にもかからない短篇を思いついては書き連ねていく小説です。
 エピソードごとに別人へすり替わる、同姓同名の彼らにまつわる短篇連作小説――群体です。

 口上はいささか大仰ですが、たいしたものではありません。
 『天使のはらわた』の名美と村木みたいな構造です。構造だけですが。


無駄に大仰な紹介文ですが、要は登場人物の名前だけ決まっていて、いろんなタイプの短篇が枝葉のように増殖していくよ、というコンセプトです。
なので、話の途中で別の小説が始まって、あとで元の小説の続きが追加されるとか、そういうことも往々にしてあります。いい加減なコンセプトですな。*2

 『空想東京百景』シリーズは、一応「オカルトパンク」という括りでしたが、こちらはもっとノージャンルというか、スリップストリームな感じになればいいなー、と。

まァ、付けたタグは半分くらい冗談ですけど。
何を書いても、ジャンル小説のマニアからは小馬鹿にされますし、ぼくもジャンル小説は嫌いなので、だったら、最初からおかしなタグを付けてやろうということで。

何はともあれ、仕事で多忙にならない限りは、ぼちぼちのペースでアップしようと思います。  

www.pixiv.net

ちなみに、以前、日日日さんたちとのリレー小説をアップしたpixivは縦書き表示ができますので、そっちでアップすることも考えたんですが、どうも二次創作メインっぽいので、カクヨムにしました。

あと、『みんなのA列車で行こうPC』のSteamワークショップに『空想鉄道百景』というシナリオをアップロードしました。

Steam Workshop :: 空想鉄道百景

世の流れはソシャゲですが、サクラ大戦が最高のゲームだと押し付けてきたあげく、一方的に「おまえの作風は嫌いだ」と言ってビタイチ払わずクビにしたプロデューサーが、平然と「あっちが勝手に辞めたんですよ」とか吹聴して、真に受けた若い作家が更に悪評を広めていくという、くそったれなジャンルにはうんざりしていますので、ローグライクRPGや、Diablo系のハクスラや、ベストプレープロ野球A列車で行こうといったオールドスクールな箱庭ゲーばかりやっておるのですが、そのついでにちまちま作っておりました。*3

まさか、このブログを見ているひとにユーザーがいるとは思えないのですが、一応、報告しときます。

 

それと、太田出版から出た、とある本の編集協力をしていました。

『万引き女子〈未来〉の生活と意見』の編集作業で太田出版に通っていたら、担当編集さんと「ゆずはらさん、昔、えろまんがの原作書いていましたよね? 編集の現場も知ってますよね?」という話になり、ついでに頼まれた案件です。

主に本文(第1章から8章まで)の校正をしていて、まえがき、あとがき、おまけコーナー(?)などの存在を知らなかったので、マニアックなジャンルの「表現」を偏愛するガッチガチの研究書だと思い込んでいて、いろいろとツッコミを入れていたのですが、献本をいただいて、はじめて、そういう本ではなかったことに気づいたという……。

とんだ勘違いでしたが、懐かしい気持ちにはなりました。

*1:試しにいろいろやっていたんですけど、注釈とかバンバン入ってくる『空想東京百景』のスタイルをweb小説で再現するのは、なかなか難しいですね。

*2:ちなみにブルース・ウィリス主演のブラック・コメディ映画で、アルバート・フィニーが演じた売れない作家」は、『ブレックファースト・オブ・チャンピオンズ』キルゴア・トラウト

*3:なお、話が猥雑なのは、ぼくの仕様であり作風です。

続きを読む