ゆずはら置き場/パノラマ観光公社

作家・ゆずはらとしゆきのお仕事報告ブログです。

『街で見かけた奇人たちの運命』と映画と

まー、いろいろバタバタしておりまして、結局、映画はまだシン・ゴジラ『ハイ・ライズ』しか観ていないのに、夏が終わっていくでございます。
どっちも面白かったですが、個人的趣味には『ハイ・ライズ』のほうがピッタリ合致しておりまして。

素晴らしいダン廃墟変態フェティッシュウルトラバイオレンス!

t.co

というか、「ハヤカワ文庫SF総解説」で解説を書いたくらい原作小説が大好きなんですが、The Towerみたいな高層ビル経営SLGがいつの間にかDiablo系ハッスラになったような話です。

映画は映画なので、ある程度端折ってますが、観たい場面はしっかり映像化されていたですよ。

あと、サムネがトム・ヒドルストンの日光浴なのは狙っておるのか……。 

ハヤカワ文庫SF総解説2000

ハヤカワ文庫SF総解説2000

 

  

 

それはそれとして、【デイリーコルチャック日本版】が更新されまして、『街で見かけた奇人たちの運命』【モノガタリに、ぼくの『猿蟹合戦』が追加されております。3話目ですよ。

t.co


ようやく三馬鹿小太郎ガールズが出てきましたね。「痛快!セーラー服パッポン通り」というサブタイトルは正気の沙汰ではないですが、中学の修学旅行がタイのバンコクだったんだよなァ。懐かしいです。

キャラクター紹介も追加されておりますよ。
今回は「力太郎」の顕現者・ルイスですが、『街で見かけた奇人たちの運命』は、あくまで日日日さんのプロットがスタート地点でして、そこから何がどうなってこんなキャラが出来上がってきたのかは不思議の謎です。
とはいえ、主人公のみろくも含めてお馬鹿キャラばかりなので、こういうヘンなインテリがいないと話がまったく進まないのですよ。

つまりはそういう役回りです。

『空想東京百景』シリーズのほうは、たまに隠し味程度のギャグが入りますけど、時代設定とハードボイルド風味の都合上、基本的にはすごく真面目な話なので、こういうスットコドッコイでオフビートな話は久しぶりに書いたなー、というか、楽しかったです。*1

*1:ぼくの担当分はもうほとんど書き上がっておりますので、過去形です。