読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆずはら置き場/パノラマ観光公社

作家・ゆずはらとしゆきのお仕事報告ブログです。

電子書籍版『空想東京百景』配信開始

昭和二十年八月の〈呪詛爆弾〉投下によって改変された戦後──昭和三十年代の平行世界〈東京〉で、異能の探偵や殺し屋どもが妖しげな〈怪異〉と対峙する〈伝綺〉活劇ですが、流行とは関係なく懐かしく胡散臭い小説なので、残念ながら〈新伝綺〉ではありません。いや、別に残念でもないですが。


空想東京百景 (講談社BOX)空想東京百景 (講談社BOX)
(2014/07/18)
ゆずはらとしゆき

商品詳細を見る

……というわけで、六年前に講談社BOXから発売されたのですが、500ページ近い上にtoi8さんのイラストをすべてカラーで収録した無茶が祟って「そんなん再版できるか!」と言われ、長いこと入手困難になっていた『空想東京百景』が電子書籍化されました。
当時の関係者が誰ひとりとして原価率というものを考えていなかったから……。

http://densho.kodansha.co.jp/books/detail.html?jdcn=0628365400100011000M

で、電子書籍ならそんなことを考えなくていいかと思ったら、小説、漫画、絵物語、辞典と複数のデザインフォーマットが混在しているデタラメな造本が祟って、EPUB形式の自動的に文字サイズを調整する機能はないとのこと。
早い話が、漫画単行本や写真集と同じ扱いになっておりますので、スマートフォンよりタブレット向きだと思います。確かに、タブレットで読むとすごく便利。

何にしても、あのくそ重い鈍器のような本がタブレットスマホに軽々と入りやがりますので、別に小説はさておき、toi8さん画集として、または、ComicREX連載中の『空想東京百景〈異聞〉』の設定資料集として……ついでに、続編『〈V2〉殺し屋たちの休暇』『〈V3〉殺し屋たちの墓標』の予習にも最適ですよ。

あ、『〈V2〉殺し屋たちの休暇』『〈V3〉殺し屋たちの墓標』の原稿は、さきほど書き上げました……。
ここから編集作業に入るので、もうしばらくお待ちくださいませ……。