ゆずはら置き場/パノラマ観光公社

作家・ゆずはらとしゆきのお仕事報告ブログです。

あけましておめでとうございます(2月末)

あけましておめでとうございます。もう2月末ですが。

正月早々にひとつ、ちまっと報告するとか書いていたんですけども、すっかり忘れておりました。ブログの存在ごと。

で、その正月早々に公開されたのが、これです。

kai-you.net

「KAY-YOU」というwebマガジン(?)で『幽白、まどマギ…『デビルマン永井豪の落とし子たち』という座談会に参加いたしました。
『DEVILMAN Cry Baby』の番宣(?)企画ということで、「月刊ムー」編集長の三上丈晴さん、ライターのガイガン山崎さんと三人で『DEVILMAN Cry Baby』とは関係ないデビルマンの話をしております。

収録自体はそんなに真面目でもない与太話だったんですが、記事になるとなんとなく真面目な話っぽくなっていて不思議。
当日、公式で発表される系統樹を見せていただいて、面白いことは面白いけど大雑把過ぎたので「もうちょっと整理しましょう」と、ああいう話の流れになったわけですが、大差ないような気もします。
まァ、与太話ですので話半分に。

「ゆずはらさんは顔出しNG*1ということですが、顔、どうやって隠しましょうか」
「あ、サイコジェニーで隠しといてください」
「分かりました。許可取ってみますね!」
……取れるはずがないので、いつものクマみたいな生物(?)になりました。

 

SFが読みたい!2018年版

SFが読みたい!2018年版

 

『SFが読みたい! 2018年版』のベスト5アンケートにも回答いたしました。
SF小説界隈とはまったく無縁なのに、もう5年目です。

海外のベスト5はどれを外すかで迷ったのですが、国内は選ぶのに苦労しました。
毎年そんな感じですけど。
00年代以降の国内SF小説が基本的に苦手ですので。

 

とりあえず、1~2月のお仕事はこんな感じです。
あとは水面下でいろいろ動いていますが、お知らせするにはいくつもハードルを超えないといかんので。 

空想東京百景 (講談社BOX)

空想東京百景 (講談社BOX)

 

そういえば、講談社BOX版の『空想東京百景』1巻が、5月で発売10周年になるんですよ。
最初のシリーズが始まったのは2001年末なので、かれこれ17年書いているんですが、さすがに7年ごとに発表される今のパターンだと一見さんにはとっつきづらいので、ちょっと切り口変えてみるか、とか思っております。

17年前に構築した世界観*2だと、『十八時の音楽浴 漆黒のアネット』で描いた「外部からの影響」を除いて、時間軸が昭和20~39年の袋小路なので、いくつかの伏線を回収しづらくなっている、という構造問題も出てきたので。
誰も気づいていないんで、放置していても支障はないんですけど。

 

kakuyomu.jp

あと、カクヨムで書いている実験小説シリーズ『祀のアト』も月1~2回のスローペースですが、ぼちぼち更新しております。
過去の商業作品に言及したり、いろいろと適当にやっておりますので、どうかよしなに。

潜行中の仕事が順調なら、『空想東京百景』シリーズのお蔵出しみたいなこともやりたいですなー。

*1:女子書店員はメロメロ、女房は殴って留置場、みたいな痩身の二枚目だったら、むしろ積極的に顔を出しますが、そうでない普通のおっさんがweb上で顔を出すメリットはないので。

*2:世界観と基本構造は17年前の連載スタート時にすべて作り上げており、それにキャラクターやエピソードを肉付けしていく形で話を進めていました。

最近のお仕事(2017年ラスト)

暇だから『祀のアト』を書くかと思っていたら、急に仕事で忙しくなってしまって中断しております。
世の中上手くいかんものです。
いや、仕事が入ったのは良いことなので、落ち着いてからゆっくり進めます。

で、本年最後の仕事です。 

S?Fマガジン2018年2月号

S?Fマガジン2018年2月号

 

 S-Fマガジン2018年2月号、表紙はガルパンですが、「オールタイム・ベストSF映画総解説 PART3」マインド・ゲーム』『終りに見た街』『ウォッチメンの解説を書かせていただきました。
終りに見た街は映画じゃなくて、テレビドラマですけど。 

マインド・ゲーム [Blu-ray]

マインド・ゲーム [Blu-ray]

 

 

終りに見た街 (小学館文庫)

終りに見た街 (小学館文庫)

 

  

ウォッチメン [Blu-ray]

ウォッチメン [Blu-ray]

 

そして、2015年の『空想東京百景』シリーズ連続刊行以来の開店休業状態も、ようやく解除となりましたので、来年(2018年)は作家のほうでぼちぼち顔を出すと思います。

仕事関係(?)へ送った年賀状にはしっかり「開店休業中」と書いてしまったので、めっさ恥ずかしいのですが、投函した翌日に話が来たのでそれはしょうがない。*1

というか、正月早々にひとつ、ちまっと報告しますので、来年もよろしくです。

*1:年賀状はだいたい11月中にさっさと書いて投函してしまう癖がありまして、喪中はがきとか届いても対応できないのです。