ゆずはら置き場/パノラマ観光公社

作家・ゆずはらとしゆきのお仕事報告ブログです。

2017年、あけましておめでとうございます

もう2月ですが、2017年の初ブログなので「あけましておめでとうございます」です。
本年もよろしくお願いいたします。

SFが読みたい! 2017年版

SFが読みたい! 2017年版

 

とりあえず、今年も早川書房さんの『SFが読みたい!2017年版』ベストSFアンケートに回答しております。

それ以外はあいかわらず開店休業というか、だいたい寝たり起きたりぼんやりしているだけの隠居生活でして、学生時代からの友人たちと新年会で飲んだ以外、1月は何もイベントがなかったです。
大丈夫なのかそれで。まァ、大丈夫ではないですが。

他人とコミュニケーションすらしていないというのは、もはや小説を書く以前の問題ではないのか、という気もします。

 

せめて物語脳のリハビリくらいはしようと、公開時に観そびれていた映画を立て続けに観ておるです。
なにせ、昨年観た新作は傷物語』『シン・ゴジラ』『ハイ・ライズ』『ゴーストバスターズ』『この世界の片隅にくらいで、あとはプリンス追悼の『サイン・オブ・ザ・タイムズ』爆音上映や名画座の旧作ばかりというテイタラクだったので。

映画にしても漫画にしても小説にしても、好きな作品なんだけども、ほんの少しひっかかるところがあって、それを妄想で膨らませていくうちに、自分の物語になってしまった、というパターンで物語創作業をしていたので、結局、観ることでしか物語脳のリハビリと回復はできないわけです。

なので、まったく観る意欲が湧かないとか、「面白かったなァ」だけで終わってしまうと、あー、物語脳が麻痺しているなー、と思います。
ただ、前者は本当にまずいけど、いちユーザーとしては後者の状態が健全なのですよね。
もやっとした引っかかりを妄想で補完していくというのは、健全とは言い切れないような気もするのですよ。

そう考えると、創作という行為は、健康と不健康の微妙な境界にあるのだなァ、と思います。

 

だいたいそんな調子なので、小説を書くかもしれません*1し、別の仕事をしているかもしれません。

別に霞を喰って生きているわけではないので、何かしら仕事をしないといかんわけですが、他人との接点がそもそもないので、今のところはただまったりと日々が過ぎていくだけなのです。

*1:『空想東京百景』の続編以外は暇つぶしなので、特に発表することもないですが。

2016年の大晦日に振り返るアレ

f:id:yuz4:20160712152949j:plain

講談社BOX:空想東京百景|講談社BOX|講談社BOOK倶楽部

2016年の大晦日ですので、たまに思い出して書く、毎度おなじみ『空想東京百景』シリーズの現況ですが、今年は見事にまったく動きがなかったですね。

早い話、BOX編集部が文三に再吸収されて消滅し、講談社さん以外も人事異動とかあれやこれやで、小説レーベルとの繋がり自体が綺麗さっぱりなくなっているので、企画やプロットを渡す相手もいないのですね。
よって、今のところは新作発表の予定もありません。すいません。

 

まァ、(結果的に)七年に一度のペースになっている『空想東京百景』シリーズですが、2022年より前に新作が出るならそれに越したことはないので、別の仕事をしつつ日曜大工的に書いてはじっくり寝かせているこの頃です。

toi8さんのイラストヨーヨーラランデーズさんのデザインまで含めての『空想東京百景』ですし、まとめて読まないと訳がわからないと思うので。

ちなみに、講談社BOXのレーベル自体は、タイガ向きではない非ミステリ系案件用に残したようですが、あくまでタイガがメインで、予備レーベルの位置づけっぽいので、ぼくや日日日さんや2015年までのBOX作家陣がこれからBOXで出す可能性は低そうです。
まァ、講談社BOX文三黒歴史なので。

BOX出身でも新本格系ミステリでしたらタイガで出ますけど、『空想東京百景』新本格ではないので以下略。*1
 

machikiji.jp

それはそれとして、結果的に2016年唯一の小説仕事となった、見るからに不思議の謎すぎる企画『町で見かけた奇人たちの運命』のほうは、10月くらいからサイト更新が滞っているようですが、原因は担当さんと日日日さんの多忙のようです。
日日日さんが多忙なのは仕様ですけど。

ぼくとSOWさんと森崎さんが担当したエピソードの原稿は、無事に書き上がっておりますので、来春くらいから更新再開するんじゃないかな、と……。*2
 

「結果的に」と書いたのは、昨年から今年にかけて、いくつか関わっていた他の企画がすべて、流れたり降ろされたりお蔵入りになったりしたからです。
降ろされた企画に至っては、没プロットの一部がそのまま使われているようで、冷たい頭にカチンと来たので、没プロットで眼鏡痴女モノのえろ小説でも書いてやろうかと思ったり。
タイタニック』→『パイパニック』、『バックドラフト』→『ファックドラフト』みたいなノリで。びた一文払われていないので守秘義務もないですし。
結局、途中で馬鹿馬鹿しくなったので放置しておりますが。

 

そんなこんなで、作家を辞める気はありませんが、このまま固執していても埒が明かないな、というのが正直なところでして。
もともと企画編集の仕事をしながら作家をやっておりますが、来年はもっと別の仕事をしているかも知れませんね。*3

まァ、何はともあれ、2017年もよろしくお願いいたします。

 

twitter.com

Twitterのほうでは、適当な与太話やら電子書籍版のセール情報やら垂れ流しておりますが、もし運良く新作を発表できましたら、そのときは買って読んでいただければ幸いです。

そして、小説の感想や仕事のご相談などありましたら、以下のメールアドレスへよろしくです。

f:id:yuz4:20161008015503p:plain

*1:なので、2022年まで講談社BOXが残っていて、しれっと新刊が出たよ、なんてことになったら、そのときは笑ってください。

*2:もともと代打からスタメン入りした仕事なので、詳しいことは知らないのですけど。

*3:最近は兼業作家でも十分やっていける量しか書いていない。